【世界に一つだけの八咫烏七五三縄飾り】

b0339997_00485196.jpg


初めて挑戦してきました

八咫烏を神使とする熊野本宮神社に
奉納されてる七五三縄飾りと同じもの

太陽を意味する身体と
天地人を意味する3本の足を持つ
八咫烏

この漢字を読めなかった私・・
皆さんは読めましたか?
【やたがらす】と読むそうですよ!
いやいや知らない漢字は
まだまだありますよねー

さて
太陽の黒点を烏と考え
太陽=天照大神
にお仕えした烏・・八咫烏

本来、お正月は
広義の意味での
先祖(歳神さま・正月さま)を敬い
一年が変わる時とされているのだそう

歳神さまはお正月に
標識のようにして
七五三縄目がけてくるらしい

めちゃくちゃ疲れたけれど
作っているうちに
清々しい気持ちになった

しめなわや青刈りワラによっても
仕上がりは異なるし・・
みんな違っていてとても面白い

新しい年を迎える準備
かなり早くスタートしました

肝心のお掃除が・・・なので
歳神さまはわが家にくるのか?
できるか大掃除\(_ _






[PR]

# by mikura-bito | 2017-11-26 13:55 | The others | Trackback | Comments(0)

【三重県名張市産*紫山芋】

b0339997_23255616.jpg


紫💜の山芋
届きました!

どの講座でも
黒豆と山芋のお話をしてるので
笑われそうですが
消化器系と
シャワー市場の肺と
そして腎
と言えば??・・・の山芋✨

薬膳からみる食材の働きは
ものさしがいくつかあるけれど
色からみるのも
分かりやすいし忘れにくい

ここ2年ほど
旬の力はもちろん
色からのアプローチ
スムーズに話が拡がり
少し深く( ゚ロ゚)!!
かなり楽しい(笑)

簡単で美味しい
ケの日のお料理こそ
ゆるゆると確実に
体が整う特効薬

鷄つくねに
混ぜちゃおうっと❤








[PR]

# by mikura-bito | 2017-11-24 00:00 | 食べごと | Trackback | Comments(0)

【初めての明太子作り】

b0339997_19340203.jpg


市販の明太子から
久しく遠ざかっていたけれど
これだ!
と喜び勇んで行ってきました

なんと😱❕
だしワールド
先日届いた真昆布やら
一本釣りの鰹節を削って
調味液作ろうかな

何通りもチャレンジできそうで
ワクワクしますよ
皆さんにもぜひ
覚えてもらえたら
嬉しい(((o(*゚∀゚*)o)))

うま味と塩の塩梅が醍醐味❤
世界にひとつだけの明太子(笑)
ひそかな楽しみが
一つ増えました!!

主催された高山ご夫婦は
共通の知り合いも多かった‼
心地よいご縁繋がり

『明太子おむすびランチ』
(自然栽培米 無酸処理海苔 山口百姓庵釜焚き塩使用)
も格別の味わいで
大満足な学びに感謝です!





[PR]

# by mikura-bito | 2017-11-23 19:33 | 食べごと | Trackback | Comments(0)

【だしばなし⑫】世界のだしとフランス料理

b0339997_18164829.jpg


【世界のだしとフランス料理】
初めて本格的に作ったフランスの代表的なだしは
「フュメ・ド・ポワソン」
ひと言でいえば、魚のだしです。

かつお節や煮干しなど魚のだしは身近なものだったので、課題として作る機会があったのは料理のレパートリーが増えるきっかけにもなりました。

当初、「フュメ・ド・ポワソン」という名のイメージから結びつく料理を作れるのかどうかと心配をしましたが、いざ作ってみればその味は格別でシンプルな野菜スープを何度もつくり堪能したことを覚えています。
フランスは農業や酪農・漁業など盛んな国で、各地域ごとに異なる多種多様の食材を活かした食文化と近隣の国の食文化の影響も受けながら独自のだし文化を築き今日に至っています。

では、フランス料理のだしをご紹介しましょう。
まず大きく分けて2種類のだしがあります

①ブイヨン
主にスープのベースとなるだしで、野菜と組み合わせて丸鶏・牛肉・魚などの素材をそのまま煮込みます

②フォン
ソースやスープを量的に多く作る場合に用いるだし。
肉や魚介類などの素材をミルポワ(香味野菜)と一緒に煮だしてうまみを引き出します。

フォンには更に色の特徴から白いフォンと茶色いフォンと呼ばれるものがあります。

白いフォンの代名詞とも言える「フォン・ド・ヴォライユ」は、ひね鶏・鶏ガラ・香味野菜など生のまま水から煮出す淡い色のフォンでポタージュのベースや野菜料理に使われます。

白身魚のあらと香味野菜を短時間で煮出すだし「フュメ・ド・ポワソン」も白いフォンのひとつです。あらを軽く炒めてから煮出すとソースのベースに向き、生から煮出すとさっぱりした味の澄んだだしがとれます。

仔牛の肉・骨・香味野菜を焼いたり炒めたりして茶色く色づけてとる「フォン・ド・ヴォ」は茶色いフォンの種類で、肉料理は茶色いソースのだしに使われます。

最近ではフォンもスープに使われる傾向にあるようですが、スープもコンソメのベースとなる澄んだものとピューレ状のスープやビスクのようなトロミのついたスープに大きく分けられ、ソースと共に料理のバリエーション豊かな土台としてかかすことのできないものでしょう。

因みに、大量に作った「フュメ・ド・ポワソン」は、ソースとしてムニエルなどにも使ったのですが、白身魚のあらを生から煮だして作ったのでコクがありつつもさっぱした味わいでした。また、リゾットやパエリア、クラムチャウダー、あんかけにまで使えたことが最大の魅力でした。

機会があれば「フォン・ド・ヴォ」にもトライしてみたいと思います。

今回は最終回
未来のからだをつくる食事づくりに
少しでもお役にたてたら嬉しいな❤






[PR]

# by mikura-bito | 2017-11-22 00:00 | 食べごと | Trackback | Comments(0)

【食事で変わる!こどもの心と体質】

b0339997_07291135.jpg


先日
親子向けのイベントで
【冷蔵庫はわが家のくすり箱】
のお話をしてきました
ブログのタイトルでもあり、どこでもこの意味を必ずお伝えしています。

今の仕事をすると決断した原動力でもあり
大切なお子さまの
将来への自立の手助けになる
思いを含めたメッセージです。

テーマは
『食事で変わる!子供の心と体質』
日頃の
アナウンサー藤井奈央美さんとの
FMラジオのスタジオのかけあいが
ステージでも活かされました(^^)
感謝ですね❤

今回はお子さま向けの
レシピたくさん盛り込みましたよー

季節におこりやすい不調時に
ニンジン山芋つくねや
ごぼうポタージュ
また
かんしゃくもちで怒りっぽい子
夜泣きや不安症の子
おちつきのない子
などなども
五臓六腑のバランスで
変わってくることや改善レシピなど・・

おまけに
低体温改善やからだのバリア機能
唾液腺のお話
そして最後に
『いただきます』は
食材を切る音や
美味しそうな匂いから始まっていること
これは大人にも言えることなどなど
わずか30分の間でしたが
お伝えしました。

話の中盤あたりから
食い入るように聴きはじめたママの目が
印象的で・・嬉しくもあり
野外ステージならではの臨場感が
またたまりません✨

予定の半分しか話せなかった事を
いずれいずこの場所で
お話する機会があったらいいなー

それにしても
多くの若いママたちに囲まれると
気分はすっかりばぁば(>_<)
気がつけば
お買い物でてんこ盛りで(笑)
陽だまりもご褒美だったかな✨





[PR]

# by mikura-bito | 2017-11-21 07:26 | 薬膳塾美暮びと講座 | Trackback | Comments(0)