5色シリーズ@発酵×だしな薬膳

b0339997_23101202.jpg


【発酵×薬膳】
5色シリーズ
今回は『青』でした!

春は肝の季節
自律神経の働きの調整や
目・爪・筋肉とも深く関連する
肝のオーバーヒートの話に
既に心あたりの方も・・

春の季節の揺らぎに
からだの声を聞きながら
上手につきあわないと
体調を崩しやすい時でも
ありますね

食材の組み合わせも
いうまでもなく大切ですが
二十四節気からも
調える大きなヒントが
得られることがあります
昨日から啓蟄までの
【雨水】の間に調えるコツが
あるよー
そんなお話もさせていただきました。

睡眠も『いつ寝てるか』は
予防医学には不可欠
しつこいくらいに
いつもお話しています(笑)
山芋話もしつこいですね

さて
このシリーズもはや3回目
ヤスダ屋×だしな薬膳は
熱量が高まり続けています

発酵の捉え方も
料理の幅を拡げるヒントも
薬膳が日常の中に面白いように
浸透している事を知る愉しさも
共有できていたらそれがいい

みんなで段々楽しくなる
シリーズもんに
なりつつあります

第4回 5月15日
第5回 7月17日
が過ぎても
ヤスダ屋×だしな薬膳の
エンターテイメント続行です!!
感謝❤














[PR]

# by mikura-bito | 2018-02-20 23:08 | 薬膳塾美暮びと講座 | Trackback | Comments(0)

【花びら餅】

b0339997_01093191.jpg


薬膳基礎講座を開催させて
いただいてる
おばま先生のお陰で
素敵な機会に恵まれました!

教えていただいたのは
虎屋の元和菓子職人さんから・・
惜しみなく
教えていただき
フツフツとアイディアが
浮かんでくると、また質問
メモする様子を見ながら
何度も丁寧に教えていただきました!

職人さんならではの場面が
ここそこにありました

作りおいて冷凍した
求肥があると
ちょっと便利です
練りきりに限らず
葛きりや寒天デザートにも
バンバン使えます

求肥は好きだなー





[PR]

# by mikura-bito | 2018-02-13 05:30 | 春夏秋冬な手仕事 | Trackback | Comments(0)

【台湾香港新年祝】

b0339997_00331980.jpg

b0339997_00332100.jpg

b0339997_00332851.jpg


日本のお節が
そうであるように
どの国にも
食の文化や歴史を知ると
風景が必ず見えてきます
そして
いただきますは
美味しさ倍増なのだ!

皆で下ごしらえをした『四喜餃子』
中国では
人には4つの幸せがあると
考えられているそうです
☆恵みの雨
☆結婚して初めての夜
☆別の地で人と出会うこと
☆志望の道へ受かること
b0339997_00332366.jpg


特別に振る舞っていただいた
香港式蒸し魚
『お金が貯まる』と『魚』の発音が似ていることから蒸し魚が振る舞われるそうな・・
b0339997_00332621.jpg


香港や台湾の問屋街に
毎月でも行きたい想いは
益々募る
だから行けるようにする🎵(笑)
b0339997_00333084.jpg











[PR]

# by mikura-bito | 2018-02-12 00:29 | 食べごと | Trackback | Comments(0)

【薬草文化の町☆宇陀市で学んだ】

b0339997_23004250.jpg


日本最古の薬草園で
生き字引のような大先輩が320余りの
薬草を慈しんで見守っていました

台湾中国中医薬大学を経て
6民族の伝統医療に従事している
楊先生の講座に参加し
日本の民間療法とは違った角度の薬草文化を垣間見ました!

b0339997_23004434.jpg

b0339997_23004614.jpg


何よりも
薬草の聖地宇陀市に足を運べる機会に
恵まれたこと
何よりも奈良に住んでいた
ご縁ある女史の
きめ細やかなアテンドのおかげで
驚異的なスケジュールながら
何倍も楽しめました!!
b0339997_23004893.jpg


突き刺すような空気と風
時の流れは宇陀市の仕様

思ったこと
きっと奈良は待っている(笑)
土地や風土は人をも変える
まさに✨







[PR]

# by mikura-bito | 2018-02-07 22:58 | つぶやき中医学 | Trackback | Comments(0)

【宇陀市の薬草文化】

b0339997_16121078.jpg


昨年秋頃からか
何かに背中を押されるように
『こうしよう』
『こうしたい』
と強く思うと
嘘みたいに面白い企画話がきます

学者になれなかった祖父
なんとか小町だった祖母
そして料理人だった父も
父を陰ながら支えてきた母も
日常の暮らしを粛々と
愉しく大切にしていました

そんな環境で育った私が
誰かの為にできること
頭の中は常にそこにあり・・

薬膳を通して
懐かしき未来を
多くの仲間や
これから出会うべく皆さまと作れたら
私の小さな力でも
誰かの為になれると確信してます

だははっ(^^)
てな訳で
薬膳講座を終えて
奈良に向かいます‼




[PR]

# by mikura-bito | 2018-02-06 16:10 | The others | Trackback | Comments(0)